避妊する女性は美しい

避妊の責任は女にあるってどういうこと?

■確実な避妊を目指すなら
避妊薬
避妊に失敗をした場合、本来であればどちらに責任があるという問題では有りません。
妊娠は一人だけではできないものであり、相手がいるわけですから両方の責任ということになります。
しかし、現実的には妊娠をするのは女性であり男性が妊娠をするわけでは有りませんから、責任としては女性の方が重くなるということになります。

もちろん、レイプをされてしまったといったように本人に落ち度がない場合の責任はまた別問題となりますが、合意の上で性行為をして妊娠をした場合にはやはり妊娠をする側の意識が重要となるのです、
妊娠をしてはいけない状態で妊娠をして困るのは、妊娠をした本人となりますから自己防衛は非常に重要なものとなります。

そもそも妊娠というのはどちらの責任ということで語ることができない問題ですから、望まない妊娠をしてしまうようこと自体がすでに問題となります。
そのため、まずは避妊をしっかりして避妊をしないような相手とは性行為をしないということが大切です。
男性側に責任があるとなったとしても、男性が出産をしてくれるわけでは有りませんから、結局その代償は女性側が払うことになります
結果としてどちらに責任があっても、最終的にその負担を受けるのは女性となるわけですから、女性の立場から考えれば避妊の責任は女性にあると考えていたほうが良いのです。

実際の場面では互いに責任感を持って望まない妊娠を避けることが重要となりますが、女性の場合には相手任せにはせずに自ら妊娠を防ぐように心がけておくことが大切です。
何度もいうように妊娠をするのは女性である以上は、避妊の責任をどちらにするのかと考えるより女性にあると考えたほうが安全なのです。
■意図しない妊娠を回避するにはこの避妊薬がオススメです
モーニングアフターピル

ページの先頭へ戻る