避妊する女性は美しい

子宮内膜症と経口避妊薬に含まれるプロゲステロン

子宮内膜は、精子と卵子が受精した際に出来た受精卵が着床する場所で、ベッドともゆりかごとも言われています。本来なら子宮にのみできるはずの子宮内膜が、何らかの理由によって骨盤や卵巣に出来てしまうことを子宮内膜症と言います。生理は毎月子宮内膜を剥がしたことで起こるものですが、子宮内膜症は子宮以外のところで毎月内出血が起こっているのと同じ状況の飴、激しい痛みが襲うことが特徴です。生理になるたびに痛みが強くなり、排尿や排便痛、性交痛を引き起こしてしまうこともあります。治療のために使われるのが、経口避妊薬です。経口避妊薬はプロゲステロンとエストロゲンという2種類の女性ホルモンが配合されています。エストロゲンは受精卵が着床するときのために子宮内膜を厚くするという役割がありますが、経口避妊薬は服用することで体内のホルモンバランスを「妊娠しているのと同じ」状態にしてエストロゲンの分泌量をコントロールして、子宮内膜が厚くならないようにする作用があります。これによって生理の経血量が減り、子宮以外のところに子宮内あくが出来ている場合にも痛みを軽減することが出来ます。さらに経口避妊薬に配合されているプロゲステロンは、子宮内膜が剥がれてしまわないようにする役割があります。妊娠している状態では、子宮内膜を厚くするエストロゲンの分泌は妊娠していない時よりも増えているにも関わらず、プロゲステロンがエストロゲンの作用を抑制する働きもあるため、子宮内膜症の症状悪化に歯止めがかかると考えられています。
経口避妊薬を服用している間は子宮内膜症の悪化はストップしますが、服用をやめた場合には症状が悪化しだす可能性があり、根本的な解決ができるとは言えません。

ページの先頭へ戻る