避妊する女性は美しい

生理前の腹痛の原因と避妊薬

生理前に胃痛や腹痛があってとても困っているという女性が案外と多く、こうした現象は月経前症候群とよばれています。このような月経前症候群の特徴として、生理が来る前にひどい症状になやまされるものの、生理が来てしばらくすると、嘘のようにその症状が消失してしまうということがあります。このため、なかなか他人にはそのつらさがわかってもらえないという意味を含めて、二重になやみを抱えてしまうということもあります。
このような腹痛や胃痛の原因ですが、生理前には女性の体内におけるホルモンのバランスが崩れやすくなるといったことが挙げられます。ホルモンというのは微量であっても強力なはたらきをするものですので、その濃度が不安定になれば、当然のように体の不調というかたちであらわれやすくなってくるのです。
月経前症候群で腹痛などがあらわれた場合の対策としては、まずはストレスをためない、食事や睡眠をきちんととるといった、体調管理のための心がけがまず挙げられますが、それではまったく不調が治らないという場合には、やはり医薬品の力で症状を緩和するのがいちばんであるといえます。
月経前症候群の克服のために有効なのは、意外にも計画的な避妊のために使われている経口避妊薬、いわゆる低用量ピルとよばれるものです。低用量ピルのなかには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、女性ホルモンのかわりをする物質が含まれており、これが排卵を抑制するなどの避妊のしくみを担っています。月経前症候群の場合には、ホルモン量が安定しないのが原因ですので、逆に経口避妊薬のようなものを飲み続けて、ホルモン量を安定させることによって、症状が改善することもあるわけです。

ページの先頭へ戻る