避妊する女性は美しい

避妊薬の用途と蕁麻疹について

避妊薬とはピルともいい文字通り、避妊を用途とした薬になります。2種類の女性ホルモンが含まれており、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが作用することによって、排卵を制御するとともに子宮頚管の粘膜を変化させて精子を子宮に入り難くし、子宮内膜を変化して受精卵を着床しにくくする働きをします。
ほぼ100%ともいってもいい確実で安全性の高い避妊方法なうえに、月経周期を規則正しく28日周期にしたり、月経困難症の症状を軽減させる、良性乳房症に子宮がんなどのリスクを低くするほか、女性ホルモンの効果によってニキビの改善をするなどの効果も期待できます。
しかし副作用がないわけではなく、副作用のひとつとして上げられるのが蕁麻疹です。避妊薬を服用しているときに出た蕁麻疹は薬疹である可能性が高く、医療機関に受診をして適切な治療を受ける必要があります。
体質に合わないピルを服用しているときに出ることがあるため、ピルの種類を変えることで蕁麻疹が出にくいタイプのピルに変更してもらうこともできます。
ピルは蕁麻疹を始め副作用などが個人差がある薬です。このように身体に異常が出た場合には無理に飲み続けるようなことはやめて、薬を変更して様子を見ていくのが一般的です。様子を見ていきなるべく副作用の出にくいピルを選択しなくては、長期間の服用は難しくなってしまうのです。
インターネットの通販などでも購入することもできますが、このような副作用のことを考えるときちんと医療機関を受診して処方を受けることで副作用のリスクを減らすことができます。
また、リスクなどの危険性を知らずに服用することは非常に危険なため必ず専門の知識を持っている医師の指導を受けてから服用することが大切です。

ページの先頭へ戻る